ホームページ作成は簡単!でもココはとても難しい?

ホームページを簡単に作れる環境への変化

ホームページを作成することは今や意外と簡単にできます。サーバーをレンタルしてドメインを取得して、そこにサイトを入れるという簡単でホームページは完成します。以前はHTMLやCSSの知識がある程度必要でしたが、最近では、ほぼ全くそういう知識が無くてもホームページを作ることは可能です。無料サーバー等にはホームページ用のテンプレートが用意されていて、手順通りにクリックしていけば立派なホームページが完成します。また、最近流行っているのはWordPressと呼ばれる無料のブログツールです。

ホームページを作ることは簡単だが、、これは手強い

また、多くのレンタルサーバーにはWordPress簡単インストールの機能が付いていることも多いですし、WordPressにはテンプレートが無料でも有料でも数多くあります。そのため、ホームページを作ること自体は今は難しくありません。では何が難しいのかというと、実際にホームページに人を呼ぶことです。人が来てくれるホームページにすることが難しいわけですね。では、人が来てくれるサイトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?

ホームページに人を呼ぶために必要なスキルの代表格

ホームページに人を呼ぶために必要なスキルは沢山ありますが、その中の代表的なものがコピーライティングスキルとデザインスキルです。人はどうやって、物事を理解するでしょうか?それは文字を読むことと画像を見ることです。この2つを見ながら、自分に必要な情報を人は探しますよね。ですので、まず、コピーライティングスキルを身に付けることも大切です。そして、絵や画像を使ってみせるデザインのスキルもそれと合せて大切です。実際キャッチコピー等は画像を使って表示することが多かったりします。だから、人を惹きつける文を書いた上で、それをWEB上で表現するには、デザインスキルも必要なんですね。

レスポンシブデザインの役立ち情報は、ここ数年のうちに大手の経済情報誌や経済新聞などで紹介される機会も増えています。