必見!目を引くポスターのうまい作り方はコレ!

キャッチフレーズにはこだわろう!

ポスターを作る上で、大切なことは制作側の意志が見る人に伝わることです。その上でキャッチフレーズは最も重要。洒落た言葉や思わず気になってしまうような言葉で人の目を引きつけましょう。では具体的にというと、作るポスターによって違ってきますが、オシャレに仕上げたいと思ったら「、」や「。」を多く用いて話しかけるようなフレーズにしましょう。語りかけるようなフレーズは案外インパクトがあって、道行く人をキャッチしやすいです。意外な事実をフレーズにするのも一つの方法です。つまり、大体の人が知らないことを簡潔に書くことで「もっと深くまで調べたい!」という思いが働き、見る人が自然とポスターの内容を探るようになります。

ぴったりな画像を選ぼう!

詳細とキャッチフレーズ、これだけではまだ足りないかな?と思ったら画像を敷きましょう。画像はポスターに印象与えます。楽しい感じや暗い雰囲気、刺さるような強烈な印象ももたらします。人は色で感じるものが違います。寒色系で濃い色は重たく暗い雰囲気を出し、暖色系で淡い色はふわふわとした幻想的なイメージを与えます。ポスターの雰囲気に合わせて選びましょう。ここで注意が。文字と画像、どちらを強調したいかということです。文字を大きく見せ、フレーズで勝負したいならば、背景の画像はマッチするけど少し控えめ、ぐらいにするべきでしょう。ぼかすのも手かもしれません。逆に画像を見せてインパクトを出したければ文字を小さくするとか、書体を変えるなどの工夫をとりましょう。

最後は見る人の立場に立つ!

さあ、ポスターができました!最終チェックです!ここで重要なのは見る人の立場になってポスターを見てみるということです。今までのポイントでは制作側のことからしか書いていませんでした。しかし、目的はたくさんの人に見てもらい、関心を引くことです。関心が引けなければポスターはただの紙になってしまいます。実際に印刷して、遠くから離れて見てみたり、通りかかった時、自分ならどんな印象を受けるかなど、見る人の気持ちになってポスターがこれでいいかを考えましょう。

激安コピー印刷とはフルカラーコピーサービスがあったり、不動産物件のチラシや会議の資料や折込チラシを印刷する機能のことです。