web制作の2つの基本とは?これらを真正面から学ぶ前に!

web制作の基本とは?

web制作に必要な知識として、代表的なのがHTMLとCSSの2つでしょう。HTMLとは何なのかと検索して調べてみても、初心者には全く意味不明だと思います。HTMLは、HyperText Markup Languageの略で、意味としてはハイパーテキストに目印をつける言語というようなものです。ハイパーテキストとはハイパーリンクを埋め込めるテキストのことで、ごく簡単に言うと、ネット上で繋がるための言語とでも言いましょうか?このHTMLがweb制作の基本と言っても良いでしょう。

web制作の第二の基本とは?

HTMLを学んだら、次はCSSです。CSSは、Cascading Style Sheetsの略で、webサイトのスタイルを指定する言語です。スタイルシートと言う言葉はよく聞く人もいるでしょう。簡単に言ってしまうと、webサイトの形を決めるシートという感じですね。HTMLとCSSの知識を高いレベルまで身に付けるのは根気がいりますが、もしこれらの知識があれば、webサイトを作ることは問題なく簡単にできます。

web制作を真正面から学ぶとストレスに?

HTMLやCSSの知識を学ぶことはweb制作を行う上で大切なことですが、真正面から取り組むのは実際しんどいという人も多いでしょう。ストレスになるかも知れません。そういう場合、リラックスして学んで下さい。自分で軽いweb制作をしながら学ぶのがリラックスできておすすめです。全くの初心者の場合は、ブログを作ったり、WordPressというツールを使ったりしながら、簡単なHTMLタグを使って記事を書いてゆく事から始めても良いでしょう。

コーディングとはWebサイトを作る際にプログラミング言語を記述していく作業のことです。何かのプログラムを作る際には必ず必要になります。