今まで知らなかった!!web制作の流れを解説します

web制作の流れとは

webサイトの制作に興味はありますか?webサイトの制作では色々な作業を行います。広告やソフトウェアなどの開発の仕事と似ている面もありますね。まず企画の提案から入り、サイトデザイン、コンセプトなどを経て、サイトオープンとなる事が多いです。web制作を行う際の流れについて、重点的に解説していきたいと思います。webサイト制作に興味があるという方にお勧めの内容となっていますので、参考にしてみて下さい。

サイトの内容を決める事から始める

それではweb制作の流れを紹介していきます。まずはサイトの内容を決める事から始めます。どのような目的のサイトなのか、ユーザーに伝えたい内容は何なのかを決めていきます。次はサイトの構成を決めます。この作業では全体の目次案を考えます。サイトマップに近い感じですね。サイトの構成が決まりましたら、デザインやサイトの仕様を決めます。コンテンツに合った仕様やデザインになるようにします。また、この段階でプログラムが必要かどうかを検討する事が多いです。

デザイン案を作成し、機能の実装を行う

デザインの方向性が固まりましたら、デザイン案を作成します。この作業と同時に原稿の文字数を検討します。また、実際に掲載する原稿を用意する事も多いです。次はHTML制作や機能の実装を行います。これまでに制作した材料を全てWeb化し、最後に仕上がりをチェックします。これまでに作成した内容が、正しくWeb化されたかどうかを確認していきます。何か不具合が合った場合は、その部分を作り直します。以上がweb制作の大まかな流れとなります。

web制作とは、パソコンやスマートフォンなどで見られるwebサイトの製作をすることです。プロの仕事としてやっている人も多いです。