インターネットの誹謗中傷対策ならその分野に強い弁護士を探そう!

誹謗中傷対策に適した弁護士とは?

インターネットを利用した誹謗中傷行為は、今や珍しい問題とは言えなくなってしまいました。いつ、何をきっかけに問題が発生するか分からないので、「まさか自分が」と思う人や企業は後を絶ちません。更に、考えているよりも日常生活や業務に影響を及ぼすことがあるため、実際に問題に巻き込まれた後で頭を抱え、更なる被害を招いてしまう恐れがあります。ただ、現代の法律や警察の技術では簡単に問題を解決できる仕組みになっていないので、インターネット上の問題解決に優れた弁護士を探すことが大切です。

インターネットに強い弁護士ってどういうこと?

現行法の中には、何十年も前に成立した当時のものがそのまま運用されているものもあります。勿論、必要に応じて改定がされるのですが、インターネットのように技術革新の速度がはやいものを用いた犯罪や迷惑行為の場合、法律上どうやって扱うかを検討するより先に、法律上の定義から外れた新たな技術による問題行動が生み出されてしまう、いわゆるイタチごっことなりやすいのです。また、「実際に行われた誹謗中傷行為」が「どの法律に抵触しているか」という議論が欠かせないのですが、そのためにはインターネットやパソコンの仕組みについて理解している必要があります。弁護士の中にはそういった事柄について不得手とする人もいますので、相談する際に注意しなければ迅速な回答は難しくなってしまいます。

どうやって探せばいいの?

弁護士を探す方法は様々です。勿論、知人や友人のツテなどで探すことも可能ですが、一般的には市町村が行っている無料相談会や、独立行政法人の法テラスなどを利用すると沢山の弁護士の中から、その業界に強い弁護士を探し出すきっかけを得られることがあります。やはり弁護士にも対応分野の得手不得手がありますので、相談する時点で具体的な事象と「インターネット上のトラブルに強い方」「対応経験がある方」を探していると伝えた方が良いでしょう。決意をして電話相談などをした時に、対応できないという返事があったとしても諦めず、別の弁護士を探すことが大切です。

誹謗中傷対策を行っている会社を選ぶならば、どのくらいの技術があるのか問い合わせをして判断しましょう。