ネットにおいての誹謗中傷を回避する方法とは

ネット上で顔を公開するリスク

インターネットを介して誹謗中傷を被りやすいのが顔を公表したことに起因するものです。ソーシャルネットワーキングサービスや動画の共有サイトに顔が確認できる状態を立ち上げるとインターネット上で誹謗中傷されるばかりか、下手をするとマイホームの特定そして個人にとって一番大事な個人情報を突き止めらます。悪意を持ち合わせた人が容易に保存可能で、二次活用されてしまいますので、インターネット上で、顔を公開することは、出来るだけ止めましょう。

公開の設定は慎重にしましょう

たとえ公開範囲を設けたとしても、必ずしも大丈夫ではありません。友人に登録が行われている方が、確実に二次利用しないとは断定できません。そして、現実の上で誹謗中傷を受けたケースでは、友人の数が多い方が、誰が誹謗したか理解できずに友達全員を怪しむことになります。出来る事なら実名でエントリーするようなソーシャルネットワーキングサービスは使用せずに、匿名で使用したほうが誹謗中傷にさらされる危険が少なくなるのです。

危険なところは避けましょう

掲示板などがありますが、いずれも匿名で活用することができます。掲示板次第ではなりすましをストップさせるために同一の人からの打ち込みを証明できる形式が確立されていますが、この仕様を活用すると誹謗中傷の対象となり易くなります。個人にとって最も大切な個人情報が把握されるのではありませんが、不快感を持つことが多いことから、回避したほうが安心できます。このように、インターネットはリスクが高い場所がありますので、出来るだけ近づかないことが賢明です。

ネット誹謗中傷は、ネット上で特定の個人や、会社に対して悪意のある発信をすることです。主に、掲示板や、動画サイトで行われ、犯罪になることがあります。