「炎上」しないために~SNS使用の心構え~

こわいネットの「炎上」

「炎上」って聞いたことありますか?例えば、芸能人が不適切な発言をしたり、スキャンダルが報道されたときにネットのSNSなどで誹謗中傷がいろんな人間によってたくさん書き込まれることです。最近では不倫騒動なども多いですし、そういう中傷を目にしたことや、実際に書き込んだりしたことのある人もいるかもしれませんね。実際、芸能人が休業になったり、CMが自粛されるケースもあります。大体は「悪いこと」をしたのが原因だったりしますが、謝罪しても収まらないこともままあるでしょう。

だれにでも起こりえる「炎上」

「炎上」が起こるのは芸能人だけ―…そう思うかもしれませんが、一般人でも起こり得ることです。不用意な発言や、不適切な行動、軽率なSNSへのアップロード―…ネットでは攻撃できる対象が見つかると、たちまち「炎上」が起こってしまいます。不特定多数の、しかも匿名の人間から責められるというのは実に神経をすり減らしてしまうことです。とてもこわいですよね。では、それらを回避するために自衛するにはどうしたらいいでしょうか?

「炎上」回避のために―…

TwitterやFacebookといったSNSを使用している方は要注意です。自分のこと、身近な人間、生活サイクルなどを不特定多数の人間に見られるということです。普通に使えば簡単に人と繋がれる良いツールですが、投稿、アップロード前に内容を吟味することが大事です。一時期Twitterではバイト先でバカなことをして写真を撮ったものをアップロードしたりすることが流行りましたね。ああいう軽率な行動はしないことです。そういう道徳的にまずいことは吹聴しないほうがもちろんいいでしょう。大体の場合、軽い犯罪自慢をして炎上することが多いです。たとえば、Twitterの例のほか、未成年の飲酒主張などですね。普通に生活してるだけなら大丈夫なはずです。SNSは誰でも見られるもの、そういう意識でいればきっと、投稿内容にも気を配れるはずです。そういう意識が、炎上回避のための第一歩なのです。

逆SEOは、ネット検索のページ順位を下げる方法となり、誹謗中傷や、風評被害で下げたい場合にとる対策となります。